【初めてのショートヘア】の不安を解消!初心者にオススメショートとは!?

初めてショートヘアにする時に不安に思うこと
新規のご指名大歓迎!ショートヘアのカットが大得意なイケダユウタです。
今回の記事では『初めてショートにするつもり』や『ショートにするのは小学生ぶり』という、ショートヘアに対する不安を少しでも解消して頂けるようなものになっています。
私自身、年間約3千人をショートヘアにカットさせて頂いておりますが、『ショートにしたいけど不安』という方がとても多いと感じています。
ショートヘアに対する不安要素をランキングにして一つ一つの不安を解消していきます。
ショートヘアに対する不安要素ランキング(イケダユウタ調べ)

第4位 スタイリング(セット)に自信がない

ショートボブならショート初心者でもスタイリング、ヘアセットが簡単
スタイリングに自信がない、苦手という方は沢山います。ロングヘアの様に長い髪の毛であればスタイリングの手間は少なくなります。
ロングヘアの時はそれほど気にしなくて良かった“スタイリング”がショートにした時に『自分で出来るのか…』と不安になる方が多いのは当然です。

そもそもロングとショートどっちが楽なの?

ロングヘアとショートヘアのメリットとデメリット
私の考えでは同じです。
ロングヘアは、シャンプー時間が長い、ドライヤー時間が長い、髪が傷みやすいからトリートメントの手間がかかる(時間とコスト)というデメリットがありますが、寝癖が付きにくくスタイリングが早い(いざとなったら結べばいい)というメリットがあります。
ショートヘアは、寝癖治しやスタイリングの手間が必要というデメリットがありますが、シャンプーが早い、ドライヤーが早い、髪 が傷みにくいというメリットもあります。
なのでトータルで見ると同じ。というか“人による”
もっと言えば“慣れ”だと思います。

第3位 ペタンコになりそう(ボリュームが無くなりそう)

軟毛で直毛ならパーマがオススメ!ボリュームアップパーマ
これはいわゆる“軟毛”や“細毛”や“薄毛” で悩んでいる方々です。
上記の悩みで直毛であればパーマがオススメです。
“軟毛細毛薄毛でさらに直毛”をカットだけでショートに似合わせるのは一番難しいのが本音…
ブローやヘアアイロン等でカールさせてスタイリングするか、パーマでカールを付けるやり方をオススメします。
冒頭でも述べたように『スタイリングが苦手』という方が多いです。なのでパーマに頼る方向になります。
パーマに対するトラウマ『かからなかった』『かかりすぎた』『やりにくかった』はヘアカットに原因がありますのでそこはご安心 下さい(カット技術に自信が有ります)
上記の悩みで癖毛であれば“ベリーショート”がオススメです。
ハリコシが無い癖毛は頭頂部の髪の毛を短くする事でボリュームが出ます。
後は癖による広がりを抑えるカットをするだけ。(実はこれが一番難しい)
思い切ってベリーショートにトライしてみるのも良いと思います。

第2位 髪が広がりそう、爆発しそう(頭が大きく見えそう)

多毛と癖毛でお悩みの方は前下がりショートボブ でお悩み解消
これはいわゆる“多毛”や“癖毛”と言われる髪質の方々です。
髪の毛量が多いが故に膨らみやすくて横に広がってしまいます…
「髪の毛が広がってしまいそう…」
私が1番得意とするお悩みのひとつです。
先に申しますと、
多毛や癖毛でボリュームが出過ぎる髪質ほどショートヘアに向いている
ヘアカットとは髪の毛を切る行為。
切るということは減らすという事。
ボリューム増よりボリューム減の方が遥かに簡単なのです。
特に有効なのが“ひし形シルエット”です。
この様に“ひし形”になる様にカットする技術があれば簡単にボリュームをコントロールする事が出来ます。
ひし形を髪型に当てはめてみると…
トップ(頭頂部)にボリューム(高さ)が出てサイドに丸みが付きつつ裾(襟足)が締まっています。
『髪の毛が広がる、膨らむ』という方は裾(襟足)が引き締まっている髪型を選んで下さい。

第1位 顔が大きく見えそう

前下がりショートボブ で小顔効果
これが1番多い不安要素です。
顔の大きさに自信のある方は少ないはず。
髪の毛を短くすると輪郭がでてしまい『顔が大きくみえるのではないか』と不安な方はとても多いです。
顔の大きさ(長さ)に合わせて長さを決める
顔の大きさや長さは千差万別。似合う髪型とはその方のコンプレックスをカバーできる髪型とも言えます。
雑誌のヘアモデルさんのような小顔に見せたいのであれば、全く同じ長さで切って貰う事はNGです。
ここからはオススメの髪型のご紹介です。

ズバリ!初心者にオススメのショートは?!

初めてのショートは前下がりショートボブ が断然オススメ!
【前下がりのショートボブ】です。
短めのヘアスタイルは、カットをする人の『色』が特に出やすいヘアスタイルです。
前下がりのショートボブ??
初めてショートにする方にオススメな長さは顎くらいです。
顎の位置まで長さがあれば大抵の輪郭は隠せます。
ただ、顎のラインで後ろまで真っ直ぐ切りそろえてしまうのはNGです。
耳後ろが膨らんで下膨れに見えてしまうからです。
悪い例としてはワンレングス系のボブ、切りっぱなしボブです。
デザインとしてはアリですが“小顔にしたい”という目的からは外れてしまいますのでご注意下さい。
前下がりのラインであれば、顔周りの長さを維持しながら後ろをスッキリ引き締めます。
広がりやすい、膨らみやすい髪質にも有効です。
どんな髪型にもメリットとデメリットが存在します。
ロングからショートにする時にこそ参考にして欲しい髪型です。
『初めてのショートヘア』でお困り、お悩みの方は是非ご参考ください。
良いショートヘアライフを。
ではっ
イケダ ユウタ
イケダ ユウタ
年間約3000人を担当☆ インスタ、ブログは絶対見て欲しいです。カット技術に自信があります。ひし形シルエットでお顔を小さく☆ お悩み解消が大得意『白髪、癖毛、多毛、直毛、丸顔、面長、絶壁、トップのボリューム』 白髪ぼかしのハイライト。白髪の悩みお聞かせください。私にしかできない技術で必ず素敵にします。